汗ジミで衣類が黄ばむ原因

汗をかいた際には着ている衣服などに汗がついてしまいますし、たくさん汗をかいてしまった際には、シャツなどの脇の部分に汗ジミがついてしまう場合があります。

 

特に、白などのような色が薄いシャツなどを着ていると汗ジミが黄ばんでしまうことがありますが、汗には水分や脂肪などいろいろな成分が含まれています。

 

そのため、含まれている成分のほとんどが水分で無色透明の汗をかいている方もいますが、中には脂肪や糖分などが含まれてる汗をたくさんかいてしまうという方もいます。水分や脂肪などのほかに色素が多く含まれてる汗をかいた際には汗ジミがついてしまって色の薄いシャツなどを着ていると脇の部分が黄ばんでしまう場合があります。

 

黄ばみの原因

空気中の酸素が衣類に付着した皮脂汚れなどと化学反応して、汚れが酸化されて黄ばみ(変色)になります。 その他に、皮脂汚れ以外に考えられることは食べこぼしのシミや汗などの汚れ、太陽光の紫外線の影響という原因が考えられます。

 

※汗に含まれている成分は汗が分泌される汗腺によっても違いますし、普段から運動などをしていて汗をたくさんかくという方と日頃からあまり汗をかかないという方や汗をかく機能が低下している方などでも汗に含まれている成分などが違う場合があります。