Tシャツの汗のしみ抜き方法

TシャツやYシャツの襟や脇などに付着した汗のしみや黄ばみなどの汚れってすごく気になりますよね。ここでは汗染みの落とし方について紹介します。

 

染み抜き方法を紹介

 

汗のシミは、水溶性のシミです。そのまま洗濯すれば多くのしみは落ちますが、時間経過で汗のシミ部分が変色(黄ばみ)すると、漂白処理が必要になります。 黄ばみは、漂白処理を行わなければ取れません。ここでは、黄ばみが発生した場合の染み抜き方法を紹介します。

 

汗のしみ抜き方法

中性洗剤で油分を洗い流します

エリの黄ばみや脇の黄ばみなど汚れた部分を中性洗剤で油分を取り除きます。 (市販のスポット洗剤、固形石鹸でも可)

 

水でよくすすぎます

水で洗剤分を洗い流します。油分などが残っていると、時間経過で黄ばみが発生する場合があるので注意しましょう。

 

漂白処理をする

漂白剤を使用する場合に一番注意しなければならないことが地色の色ハゲです。漂白剤を使用する場合は、目立たない所で必ずテストをして下さい。

 

衣類に合った方法で洗濯します

シミが落ちれば、そのまま衣類に合った洗濯を行います。また、つけ込みでの漂白処理もとても有効です。つけ込みの場合は、その後に衣類に合った洗濯をしましょう。 基本的に自宅で洗えないものは、染み抜きを行なわないほうが安全です。なぜなら、染み抜き処理を行なうと水を使いますので、輪ジミが発生しやすくなりますよ。

 

 

漂白剤の種類

漂白剤は、市販の酸素系漂白剤又は、消毒用のオキシドールを使用します。 塩素系、還元系漂白剤は、基本的に使用しないで下さい。