冬なのにの脇汗が臭い!その原因って?

女性にとって気になる健康問題としては様々なものがありますが、脇汗というのは結構悩んでいる人も多いと思います。

 

当然ですが脇汗が多くなるとされる夏場はケアをしっかりとしていても、冬などに関しては寒いので脇汗もそこまで影響がないと思っている人も多いかもしれません。

 

ですがこの冬もまた夏とは違って脇汗に気を付けないといけない時期であり、臭い対策をしておかないと知らないうちに他人に臭いを与えてしまうかもしれません。

 

冬場の脇汗に関してですが、まずは脇汗の基本的な性質についてご紹介します。
意外かと思われがちなのですが汗自体は無臭となっており、原因は汗以外のものにあるとされています。一番大きな原因としては脇汗に反応する雑菌や皮脂があり、これはある程度は自分でケアが出来るので清潔にすることが脇汗の臭い対策となります。

 

またこの雑菌は当然通気性をよくすることで対策ができるので、夏場はとにかく蒸れを防ぐという対策が効果的となっています。皮脂に関してですがこちらは体質が関係してきており、食生活で脂っこい食事を取り過ぎたり、あるいは生活習慣として睡眠不足やストレスなどが多いと脇汗の皮脂も増えてしまいます。

 

脇汗が冬場に臭いが強くなってしまう原因

一番に通気性や換気性が悪くなってしまうというのがあります。厚手の服装は通気性が悪く汗を吸ってしまうので臭いの原因となりがちになります。また体質としては夏場よりも冬場の方が寒い外気に対応するために基礎代謝が高まるため、これによって汗の量は夏場よりも増えることがあります。

 

さらに冬場における原因としては水分量を取りにくくなることがあります。

 

夏場は汗をかく分水分を積極的に摂取するので汗自体は水分が多めとなりますが、冬場は水分補給が少なくなるので汗が濃くなってしまうのです。

 

これらの原因によって夏場よりも意識されにくい汗が出てしまい、これによって汗の臭いがきつくなってしまうのが冬場の脇汗なのです。